要対策!?秋冬の紫外線の実態を調査せよ!

紫外線の被害は春夏で、秋冬は関係ないと思っている方、今すぐ対策を取らないと大変なことになりますよ。実はUV-AやUV-Bは1年中降り注いでいるのです。では秋や冬はどのくらいの量が降り注いでいるのでしょうか。


秋冬も紫外線には要注意

季節ごとにどのくらいの紫外線が降り注いでいるのか、それはUV-AとUV-Bによって異なりますが、いずれもピークは春と夏です。

 

5月頃から増えていき、6〜8月が最大量となります。ですから秋冬はそれほど多くはないのですが、それでも油断できない理由があります。

 

1年を通して見てみると、3〜5月は徐々にその量が増えていき、6〜8月にピークを迎えると、9〜10月は春とほぼ同じ量に減ります。

 

そして冬は1年の中で最も量が少ないのですが、それでも降り注いでいることに変わりないのです。

 

つまり、秋冬でも紫外線対策をしなければシミができる原因をいつまでも溜めこむことになり、年齢を重ねるごとにシミリスクが増えることになります。

UV-AとUV-Bが肌に与える影響

ところでUV-AとUV-Bはどう違うのでしょうか。紫外線量を計測すると、夏冬はUV-Bの方が、秋冬はUV-Aの方が多くなっています。2つの違いを知ることで、肌にどれだけ悪影響なのか分かりますね。

 

まずUV-Aから説明すると、肌の奥に届く波長です。肌への影響は穏やかに現れますので、すぐに肌の色が変化すると言ったことはありませんから、影響はないのではと思われています。

 

しかしUV-Aこそシミの原因となりやすく、肌の奥で影響を与える物質と分かったのです。さらにコラーゲンを変性させ、しわを作りやすくするため、長い時間をかけて肌を老化させてしまいます。

 

オゾン層を通過しやすい波長なのでUV-Bの20倍以上も肌に受けていることになるのです。

 

一方UV-Bは肌を変色させる波長です。日に当たると赤くなる、焼ける、水ぶくれができるこれをサンバーンと言いますが、それを起こすのがUV-Bです。こちらもUV-A同様肌に悪影響で、シミはもちろん皮膚がんの原因にもなります。

 

全体の10%程度しか受けることはありませんが、それでも肌には影響が大きいのです。ですから紫外線対策は秋冬こそ大切で、忘れてはいけないのです。


メラニン色素がシミを生み出す

もしあなたが日光に当たると肌が水膨れを起こす、赤くなってひりひりすると言うタイプの場合、メラニンを作る力が低い可能性があります。メラニンは肌を守るための黒色色素です。

 

肌にそれ以上紫外線ダメージが与えられないよう守ってくれる物質なのですが、白色人種や色が白い人ほど作る能力が低いと言われています。

 

このメラニンは肌のターンオーバーによって外に排出されていくのですが、年齢とともに肌にとどまりやすくなります。

 

と言うのも20代半ばころから肌のターンオーバーが乱れ、通常28日周期と言われているのが30日、40日となり、メラニン色素を抱えた角質がいつまでも残ることになるからです。

 

そしてそのまま色素沈着するとシミになってしまいます。ですからメラニンを作らないことが大切で、そのためには秋冬もしっかりUVケアをすることが求められているのです。

 

紫外線を浴びると肌老化が進む、実はこれはターンオーバーを乱す原因にもなります。つまりメラニンができてシミができる、肌が老化してシミができるという悪循環になると言うことです。

 

だからこそ秋冬でもUV対策をしませんか。